2012年2月28日(火)真岡の産廃焼却施設の事件は他人事ではありません!

下野新聞から、

「下野新聞作業中に男性倒れる 硫化水素を検知 真岡(2月28日 17:06) 28日午前11時10分ごろ、真岡市鬼怒ケ岡の栃木ハイトラスト敷地内で、 男性3人がタンクローリーから工業廃液を移し替える作業をしていたところ、 ガスが発生し、同市、会社員男性(39)が転倒し頭を打った。 倒れた男性と芳賀町、会社員男性(60)の2人が病院に運ばれた。 真岡署によると、現場からは硫化水素が検知されたという。 周辺で行っていた交通規制は、 午後3時10分に解除された。」

栃木テレビの映像

読売新聞(2012-2-28)の記事

 

現場写真(By Google)

750mを平出工業団地の産廃焼却施設で考えた場合

カテゴリー: 分析, 新聞記事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です