6月26日に、業者に対しての抗議デモを実施

平出産廃焼却施設建設に着工した(株)セルクリーンセンターに抗議するため、宇都宮市東部地域・産廃中間処理施設建設反対委員会主催により、6月26日(火)に、地域住民約350名が参加して、当該施設周辺で、デモ行進を実施しました。

当日は、朝9時に、工業団地東側のパチンコ店駐車場に集合し、その後、「住宅密集地に焼却施設を作るなー」などとシュプレヒコールをしながら、施設周辺の約3.5キロを、宣伝カーを先頭に行進しました。また、当該施設前では、主催者代表が、(株)セルクリーンセンターに、「建設中止の申し入れ書を提出しました。

今後も、休日開催等も検討しながら、抗議デモを実施する予定ですが、住宅密集地への産廃焼却施設建設をやめていただくよう、業者に対して、要請・抗議行動を、粘り強く実施していきましょう。

カテゴリー: 抗議文書, 新聞記事, 活動情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です