再審査請求書報告NO3(資料3:環境省疫学調査)

環境省はH8年度から、環境中の有害化学物質が発育に及ぼす影響を、胎児の段階から長期に追跡する10万人規模の疫学調査を開始した。近年、子供の発育に異変が指摘され、発達障害などの発症は環境的要因との見方が強まったが、厳密な疫学訴査での根拠がないため、医療関係者の警告は持論の域が出なかった。異変の実態に、国はようやく重い腰を上げた。

カテゴリー: 活動情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です